Netboot サーバー flex

提供: Japanese Ikoula Wiki
移動: 案内検索

ja:Netboot サーバー flex he:Netboot על שרת פלקס ro:Netboot pe serverul flex ru:Netboot на сервере flex pl:Netboot na serwerze flex ar:عبر الشبكة على ملقم فليكس zh:在 flex 服务器 Netboot de:Netboot auf Server-flex nl:Netboot op server flex it:Netboot su server flex pt:Netboot no servidor flex es:Arranque por red en el servidor flex en:Netboot on server flex fr:Netboot sur serveur flex

この記事は、自動翻訳ソフトウェアで行うからです。 記事のソースはここを参照してくださいすることができます。

はじめに

問題がある場合、 仮想サーバー (VPS) フレックス あなたのシステムを修復する別のオペレーティング システムをブートする必要があります。 型の利点の netboot のメカニズムはありません  : サーバー Flex. 一方、マウントの ISO を行くことができますあなた サーバー.第三システムで開始する仮想ドライブにマウントすることができます iso イメージのライブラリに加えてあります。 方法は、技術に依存あなた サーバー Flex のホスト  : ハイパー V 2 (Windows サーバー 2008) ハイパー-V または 3 (ウィンドウ サーバー 2012)

ハイパー V 2

あなたの flex のポータルに接続する  : https://flex.ikoula.com
プロパティで、 仮想サーバー (VPS)、の仮想ドライブを選択、 サーバー 図書館利用可能な iso のイメージを追加します。
いずれかを使用することをお勧めします、 Sysrescue CD いずれか バック トラックします。 サード パーティ製システムに対する開始。
イメージをマウントすると、再起動、 サーバー 選択分野 iso に対する開始。あなたの修理をするし、完了したら、iso イメージを削除し、もう一度システムを再起動します。

ハイパー V 3

場合、 サーバーHYPER-V テクノロジのハイパーバイザー上でホストされて仮想 s 3、コンソールにアクセスは、この FAQ セクションを従う必要があります (ハイパー-V カテゴリ 3) : fr:Connexion_à_la_console_virtuelle_KVM ISO は、この技術をよりモジュール化、ので、それは、ISO をマウント ブラケットにチケットを開くに必要なことを勧めます、 サーバー.



あなたにはコメントを投稿する権限がありません。